ちょっと調べたいときに便利!Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)

ウェブサービス
FPひろた
FPひろた

一年ほど前からAmazonのKindleUnlimitedのサービスに加入しているのですが、これがとっても便利なので紹介しますね♪

Kindle Unlimitedとは

Kindle Unlimitedとは、Amazon.co.jpが提供している「電子書籍読み放題」のサービスのこと。月額980円で対象の書籍が読み放題になるんです。

そんなに安くてAmazonにあるすべての本が読めるの?

Amazonにあるすべての本が読めるわけではない

KindleUnlimitedではAmazonで販売されている書籍が全て読めるわけではありません。ですが、公式ページでは「和書12万冊以上、洋書120万冊以上」が読めるとされていますので、かなりの数の本が対象になっていることがわかります。

結構たくさんの本が読めるのね♪

ちょっと知りたい!というときに最適

KindleUnlimitedの対象になっている書籍の数は多いのですが、Amazon.co.jpのベストセラーや、最新の書籍は対象外のことが多いです。Amazonは商売上手なので、「売れる本」はしっかり売ってきます。笑

 

そのため、「読みたい本がKindleUnlimitedの対象外」というときの方が多いのですが、私は「その本が本当に読みたい本なのか」を調べるためにKindleUnlimitedを使っています。

買ったけど読んでいない本、家にありませんか?

興味をもって買ったのは良いけど、結局読まずに家に積んである、なんて本は家にありませんか?これ、「積読(つんどく)」っていうらしいですね。

 

実は私、KindleUnlimitedに加入する前は「積読常習犯」だったんですが、KindleUnlimitedに加入してからはまったく積読しなくなりました。KindleUnlimitedで読める本には無名な本が多いのですが、しっかりと書かれている本もあるため、知りたい情報が本を買わずに手に入ってしまうのです。

FPひろた
FPひろた

読まない本を買わなくなったため、妻の機嫌を損ねることも減りました。笑

やはり本の情報は有益

どんなマイナーな本でも著者にとっては大切な一冊です。ウェブサイトと違って本は書き直しが簡単に出来ないので、その発行までには著者の並々ならぬ努力があったことでしょう。

 

ウェブサイトでも情報は手に入りますが、やはり本の方が効率的に知識を吸収できます。

マイナーな分野はやはり本を買った方が良いかも

KindleUnlimitedには弱点もあります。それは「マイナーな分野の本はほぼない」という点です。

 

投資関連で例えてみると、iDeCoNISAなどのようなメジャーな話題を調べるには十分な書籍の量がありますが、私が行っている「システムトレード」などのマイナーな分野はほとんど書籍がありません。

Kindleの端末のほか、スマートフォンのアプリでも読める

ダウンロードした電子書籍はkindle専用の端末のほか、スマートフォンのアプリでも読むことができます。WiFi環境で事前に本のダウンロードを済ませておけば回線が無い場所でも読めるので経済的です。

FPひろた
FPひろた

私はKindle専用端末の「KindlePaperWhite」を愛用しています。通勤途中の読書に最適なんです♪

実際にKindleUnlimitedで見られる本を探してみよう

以下のリンク先に載っている本はKindleUnlimitedで読み放題になります。

Amazon.co.jp: Kindle Unlimited:読み放題 ジャンル: Kindleストア
Kindleストア の優れたセレクションからオンラインショッピング。
FPひろた
FPひろた

インターネット上の便利なサービスは積極的に利用して節約につなげたいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました